常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近は桜も散り始め、来週からは多くの企業が新たな期を迎えますね。

新人が配属されたり、新たな部署に異動したりと、多くの人にとっても4月は環境が変わる時期でもあります。

本日は、時期的にもそうですが、新たな環境でどう信頼を得るか!について少し書いてみます。

コンサルタントは基本的に、顧問的に長期契約頂くかプロジェクト(案件)単位でのご契約が多いかと思います。

私は仕事柄(ITコンサルタント)、プロジェクト単位で動く事が多いのですが、長期的にご契約頂いているクライアントさんとの関係で、新規で依頼を受けるケースがあまりありません。

ですので、私が過去に心掛けた事を今一度振り返りアウトプットしてみようと思います。

コンサルティング稼業の方、特に若手は新たなクライアントを担当すると、自分の実力を見せる意味も含め、信頼を得るためホームランを打とうとする事があるようです。(つまり良く見せるため)

確かに私も経験が浅い頃(今もまだまだですが)は、早い段階で信頼を得る事が、仕事をスムーズに回し自分の意見を推し通す意味でも大事だと思っていました。

しかし、私はホームラバッターではありませんでした(苦笑

それと能力的にも無理でした(-_-;)

それに気付くきかっけとなったのは、イーサン・M・ラジエル さんのマッキンゼーの仕事術の本を見てからでした。
簡単に言うと、多くヒットを打ちなさい!ホームランは必要ありません!ってことでした。

もう少し補足すると、もしホームランを打てたとしても毎回ホームラン打てますか?って事でした。

客はひとたびアナタがホームランを打てると分かると、今後、ホームランを望むようになる。毎回、ホームランなんて打てますか!?という問いかけでした。

・・・勿論、私には無理(-_-;) 即答でした。。

つまりコサンルタントは松井秀喜よりもイチローであれ!と言う事ですね。

それ見て「確かに!」と思いました。
※くどいようですが、私はホームランバッターではありません。打ちたくても打てない(苦笑

大事なのは、ヒットを積み重ねる事。
ITコンサルタントとして入って、3ヶ月でクライアントさんの売上をいきなり2倍にするなんて事は正直できません。

勿論、中には経営コンサルタントでスーパーな実力持ってて、ホームラバッターもいるかと思います。
でも、そういう人はごくごく一部の限られた人でしょう。

ですので、他の方はどうか知りませんが、私は信頼を得るために少し頑張って、ツーベースを打とうと心掛けています(笑

なぜツーベースかって??

ヒットでは2本続けても2本目は長打でなければホームを踏む事できません。

ですが、2塁にいると長打でなくても点が入る可能性が高いですよね。

なので、私は新規のクライアントさんを担当させて頂く際はツーベースを打つように心掛けています。

ツーベースの意味については、次回のブログで書きたいと思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/03/28 18:01】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
前回の【クラウドとウィンドウショッピング】の続きです。

※前回の内容はこちらをご参照ください。

前回は例として、CRM(顧客管理システム)のお話しをしましたが、今回もその流れで続けたいと思います。

そもそも、自分(会社)に合うか合わないか!?
合うならヨシだし、問題は合わない場合にどうするか。

これも通常の買い物に置きかえて考えてみると実にシンプル。。

私の場合、基本、合わないなら”買わない!”というスタンスですが、勿論、例外もあり・・・

合わないのに欲しい場合がある。例えば、ゴルフクラブ(苦笑
どうしてもキャメロンのパターが欲しい。
だが、なぜか入らない(-_-;)

そこで買う買わないが頭の中でぐるぐるし・・・でも、結局買う(苦笑

その間、やる事はやってみる
・スイングをいじる
・ボール位置を変えてみる

と、幾つかやってみて実戦に投入してみるが、全くフィットしない(-_-;)
こうして、ゴルフパートナーへ行く事になる。

ここで、皆さんがCRMの導入を考える際に検討してほしいポイントは3つ。

1.何も自分(会社)を変えずに使えるか?
2.欲しくて買ったが(導入したが)、お蔵入りするリスクはないか?
3.頑張った(業務や運用変えてまで)先の見返りが求められるか?


全部ダメなら当然買っては(導入)してはNGですし、もし進めるなら相当の労力を払ったリターンがあるかどうかを冷静に考えてみて下さい。

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/03/21 12:40】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
今日のタイトルは”クラウド”と”ウィンドウショッピング”

まぁ、まるで関連なさそうなタイトルですね。

騙されたと思って読んでみて下さい(笑

特に中小企業の経営者の方。

皆さんも、よく?時々?たまに?
頻度は分かりませんがウィンドウショッピングなどされますよね。
恋人か!?夫婦!?家族!?で。

そこで目にした洋服を、「お、これイイ感じだな!」と手にする。
店入って、店員さんに「これ、最近売れているんですよ!イイ感じですねぇ、お客様♪」
なんて言われて、つい購入(^_-)

だが・・・購入したはいいが、クローゼットの肥やしへ。。

こんな事、皆さんないですか?

これ、クラウドでもそうなのですが、

例えば、CRMの某社製品。

営業マン「導入実績が○万社超えまして、世界(日本)で一番使われている製品なんですよ!」
社長   「よく見るよ。そんなにいいのかねぇ」
営業マン「豊富な機能で御社の業務をサポートできます!」
社長   「そうか、、、考えてみるか」
営業マン「お客様と同業種の企業で、営業マンの行動見える化して売上が〇〇%UPしましたよ!」
社長   「月額〇万で、そうなるなら入れてみるか」

これで、導入したらクローゼットの肥やし状態です(T_T)

(ちなみに、私はCRMの導入に否定的な立場ではありません)

なにがウィンドウショッピングと一緒か?

もし、アナタに彼女もしくは奥さん(女性であれば逆)がいて、アナタが勧められるがまま「買おう♪」となった時、「それ、似合わないんじゃない?もう少し他も見てみたら?」となったらどうでしょうか?
私も奥さんによく言われる事が・・・
「それいつ着るの?」 厳しい一言ですが(苦笑

そのまま購入しますか?
それとも・・・。

見た目(実績数)と、甘い誘い(売上UP)にはご注意を。

次回はタンスの肥やしにならない方法をまとめてみたいと思います。

【2013/03/20 23:00】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
今日は、肩書きについて少し書きたいと思います。

少し聞き慣れてきた方もいるかもしれませんが、”エバンジェリスト” や ”フェロー” なんて、普段聞き慣れない肩書きの方と皆さんも名刺交換されたりしないでしょうか?(^_-)

それに比べると”ITコンサルタント”は比較的市民権を得てきたのかな!?なんて思っていたのですが、少し前になりますが、ある方から「ITコンサルタントって何してくれるんですか?」と言う素朴な疑問を頂きました。

まだまだ市民権は得てないな!?と思ったり。。(-_-)

そもそも、”〇〇コンサルタント”っていっぱいある事が、原因の一つでもあるだろうなと思いつつも、改めて自分の”役割”について考えてみる機会になりました。

ちなみに、私の”ITコンサルタント”って肩書きですが、私の中では非常にシンプルです。

聞かれたらこう答えるようにしています。

「ITを通して問題や課題を解決するお手伝いをしています」と。

こう言うと、では具体的に何を!?となる事もあるのですが、、、

そこから先は、お手伝いさせて頂く内容をご説明差し上げます。

強いて言えば・・・ざっくり、こんなたとえで説明してます。

「例えば、システムの導入をAさんが考えていたとして、別に誰かに相談しなくても購入して使う事はできますよね?よく企業で会計事務所を使う事なんてあると思いますが、別にあれも自分トコでやろうと思えばできますよね?でも、お願いしたりしますよね。それは、面倒だったりとか、時間がかかるのでお願いしたりとか、もしくは節税のアドバイスもらえたりとか。それと一緒ですよ。別にITコサンルタント使わなくてもできるならそれでいいと思います。A社とB社が違うのと同じように、企業も全て同じではありませんよね。他所で使っているからウチでも使う!でフィットするかは別問題です。システムは導入も大事ですが、導入後も重要です。自分たちで分からないところ、気付かないところ、面倒なところ、そういう意味でITコンサルタントを使う事は一緒ですよ。」

と、こんな感じで説明しております。

今のところ、この説明で「よく分からないよ!」と言われた事はありません(^^)

どうでしょう!?いまいちかな(^_-)


【2013/03/12 20:19】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
はじめまして

庄山 幸一 と申します。
株式会社エスエーピーという会社で、ITコンサルタントとして活動しております。

主に、お客様のICT活用や業務改革をご支援したり、自社プロダクトの”情報共有”ツールを使った、ナレッジマネジメント、FAQの活用を推進するべくセミナーなどを行っております。

本ブログの対象と考えている方は、、、

・あまりITに明るくない中小企業の経営者の方
・情報システム部門(いわゆる情シス)の方
・一人情シスの方、兼務でIT担当になっている方
・エンジニアからITコンサルへとキャリアアップを考えている方


このような方々を対象にしています。

そもそもブログを始めようと思ったのは・・・

自身の考えや気づきのアウトプットの為。
それと、そのアウトプットがどなたかの役に立つのではないか、と思ったのが始めるきっかけです。

ですので内容としては、日々、私が現場で感じた事や参考になるよう課題解決の方法など、よりリアルな内容にこだわっていきたいと思っています。

お付き合い頂いた方々に、何かのヒントや気づきになってもらえれば幸いです。

【2013/03/07 16:10】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。