常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の投稿になるなぁ・・。

色々と忙しいというよりは、書きたいネタがいっぱいあり過ぎて、

逆に書く事を考え過ぎていた。。

それとリアル過ぎて書けない事もあったりして(-_-;)

で、今日は一つ中小企業の経営の方々向けに仮想化について少し取り上げてみたい。

今日はサーバの仮想化について
(そのうちデスクトップ仮想化についてもとりあげたいと思う)

よく、聞く話の一つに、

「ウチは大手と違ってうま味がないのではないか!?」

という声ですが・・

確かに台数が多ければ多いほど、その効果を発揮するのが仮想化のイイとこでもあるのは事実です。

ですが、数台あるサーバを一台にまとめることによってなかなかのコスト削減ができます。

中小企業では未だ、オンプレミス(自社保管)の企業が多いと思いますが、

物理サーバの費用、物理サーバの保守費用、電気代、物理スペースの確保とスペース利用料、停電の対応など

こういうものを足し上げていくと結構な金額になります。

よく、私も聞かれることの一つに、

「そうは言っても、導入費用はかかるでしょ!?」

・・・当たり前です(-_-;)

でも、システム償却期間の5年を利用すると考えると、

決して高くありません。
(勿論、例外はありますが)

更にこれを雲の上(クラウド)にやってしまえば、BCP(事業継続)対策にもなる。

中小企業にとっても仮想化はメリットのある選択肢の一つです。

是非、検討してみて下さい。

もしご相談があればこちらをご覧下さい

少し会社の宣伝でした(^_-)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/09/26 17:09】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
最近、TVでも頻繁に

「グローバル」だの、「グローバリゼーションが・・・」なんて言葉を聞きますよね。

TPPの件もあり、いつの間にか日本はグローバルのなかで戦っていかなきゃいけない世の中になっているようです。

先日、カンブリア宮殿に三井物産の飯島社長が出演されていたが、

確かその中で・・・

「別に今グルーバルな世の中になったわけじゃない。昔も今もグローバルですよ」

ってな感じの事を言われていたのが頭に残っている。

確かにそうだね、と。

特に商社からすれば、そんな事当たり前の話しだし、

自分の身におきかえても、確かに10年以上も前に、すでに中国や韓国の方とも一緒のプロジェクトチームで働いていたなと。

(私は最後まで日本語だけで通しましたが(笑)

そんな事考えてたら、先日、新しいお客さんで社長とNo.2がイスラエル人という会社からお問い合わせがあった。

担当者は日本人だったが、もし、この先取引頂けるような事にでもなれば英語が必須となりそうだなぁ。

正直、英会話ねぇ・・・と思いながらも、どこかでやった方がいいだろうなぁ

なんて思いながら、思っただけで時間だけが経過していた。。。
(実は20年以上前に1年半近く英会話授業を続けていた過去あり)

そこで先日、友人と先の件を話したらこんな答えが返ってきた。

彼曰く、格言だそうである(パクッてゴメン(苦笑)

「プロフェッシャナルとは、いつ訪れるかわからない15分 のために、最大限の努力/準備ができること」

妙に納得してしまった自分がいた。。

皆さんも何か準備されていますか。

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/09/12 14:28】 | 気づき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。