常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、新たに取締役に着任された方にご挨拶する機会がありました。

まだ着任されて間もない感じでしたし、

私もまだどういう方かの情報もほとんど入手できていない状態ですが、

まず、ご挨拶してお名刺交換させて頂きます。

名刺交換だけで、何も”トーク”できないのはなんなので、

デスクをパッと見回すと、ノートにUSBが刺さってる。

見るとどうやら、某メーカーのリモート使っているような感じだったので、

とっさに、情シスの方と今後半期程度で取り組む案件と課題について、

※ちなみに、ここでの課題とはWin7化への対応とデスクトップ仮想化とサーバ仮想化について

1分程度簡単なお話しさせて頂いた。

思いのほか悪くないリアクション。

逆にその方が、今、親会社で使っている”仮想”の事も話してくれた!

前振りが少々長かったですね・・・


実際はここで出た内容は”仮想化”ではなく、ただのリモートアクセスだった。

これは別に間違ってたからどうだ!という、くだらない事を言いたいのではなく、

やっぱり、大多数の方は”仮想化”については、あやふやなんだなぁと実感しました。

ちなみに、この方は一部上場企業のビジネスマンで、

場所を選ばず仕事するタイプのようで、

見た目から・・・35歳前後かなぁ・・・(違ってたら失礼)、若くして取締役ですから・・・。

こういう方でも誤解されていると思うと、

世間一般の”仮想”や”クラウド”なんて言葉はそうとう一人歩きしているんだと実感した次第です。

なにせとあるところでは、情シスが「ハウジングはプライベートクラウドと一緒でしょ!?」

なんて言うようなトコもあるぐらいなので、、
(うそのようなホントの話しです)

とあるお客様で、仮想化の提案を差し上げたいと考えているのだが、

これを踏まえて、そもそも”仮想化”についての分かりやすい説明が提案前に必要だなと、

再認識したい次第です。

我々の常識は先見一般の常識とはかけ離れているのね。まだまだ。

と感じた一日でした。。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/10/25 18:00】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
先日・・・と言っても2,3ヶ月前になりますが、

とある小売業の情シスの方と打合せした時の話しです。

この会社、近々ERPの再構築を検討しているようです。

そこでNo.2の方が、この方に現状を聞こうと思って状況確認したところ・・・

「なんでお前は知らないんだ!」
「何のためにお前はいるんだ!」


と激昂したらしく・・・

ちなみにこの方、入社してまだ1年ぐらいで、

主にIT保守・運用担当と言う事でこの会社の情シスに入ったらしく。。

この方からすると、

「なんなんだ。なんで俺が怒られる」

となったよう(苦笑)

たしかに、それはそうだ。。

ただ、聞くとこの企業のNo.1、2は外国の方が経営者。

それ聞いて、なんか納得。。

たしかに、向うの(海外)経営者からすると、

自社の情シスがウチの環境をよく知らない、と言う。

ERPの入替考えているのに、業務フローも運用もよく分かっていない、と言う。

確かに、キレるかも(苦笑)

日本では、情シスは業務フローも大して知らず、システム自体もSIer任せ、

こんな事はざらですが、

いざ、USなどではそうではないようで。。。

SIerではなく、情シスがその役割を担っている。

と言う事で、当然海外から日本にやってきてERPの話しをしようと思ったら、

「ワタシワカリマセーン!!」
(勿論、こんな事言ってないだろうが)

恐らくキレたんだろう。。

お国の違いは”情シス”の違いでもあるんだなと、実感した次第。。


外国人経営者からすると、日本の情シスは頼りなく見えるのだろう。

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/10/24 17:55】 | 情シス
トラックバック(0) |
書きっぱなしで、またUP忘れてた(-_-;)

GWに続いて9/21からの3連休を利用して再びここに(^_^)

今回は娘の保育園のお友達3家族も一緒で、総勢4家族15人での大人数。。

やはりキャンプは大勢の方が楽しいですね(^_-)

子供どおしで勝手に遊べるし(まぁ、ちょこちょこケンカもあるが(苦笑))

親としては助かる。

ここはフリーサイトはないのだが、4家族程度なら車を各サイドに寄せて、

中央空けられるので大人数でも楽にできる。

で、今回は初めて先日購入したカラフルなLEDストリングフェスライトを投入。

ものはこんな感じ。製品サイトはこちら

夜は目立ってイイ感じ。はにかんでる写真は上の娘。。

LEDストリングフェスライト

写真は相変わらずボケてます。。

料理では、今回は厚さ2cmもあるステーキをGet。

これは子供たちが寝た後で親だけで食べる(^_-)

炭火なんで、まぁ、イイ具合に焼けます。ホント美味しかった♪

ヘタなステーキ屋行くより上手いわ。塩と胡椒だけで十分!!

分厚い肉

今回はチェックインの3時間前に到着してしまったが入れてもらえた。

管理人さん。ありがとうございます!!

最後に、虫取り網で嬉しそうに捕まった下の娘の写真を(^^)

網でGetされた莉央

恒例の我が家の勝手な★付け。。

早川町オートキャンプ場

ファミリー向け ★★★★★
自然環境    ★★★★☆
清潔感     ★★★★★
管理面     ★★★★★

と言う事でやっぱり我が家の評価は、

トータル    ★★★★★

また来年も大勢でお世話になろうと思います。

FC2blog テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2013/10/22 20:44】 | キャンプ
トラックバック(0) |
”言葉”・・・

地球上で人間にのみ許されたコミュニケーションの手段です。

勿論、操る言語の違いはあれど、言葉が通じればコミュニケーションは取れます。

もしくは、片言でもゼスチャーなど交えれば案外通じるものです。

ですが・・・

残念なことに、同じ言語を操りながら、なぜか全くコミュニケーションを取れない人種がいる。

そう、技術屋のSEとか、プロダクト営業。。

先日、とあるお客様で愚痴にも似た、半分呆れた話しを聞いた。

内容は省略して書きますが、そのお客様の条件として、

・今利用しているシステムのリプレースを検討していてパッケージで代替したいと考えている
・サービスインは翌期頭として今期中には全ての移行作業を完了させる
 (期間としては約半年程度)
・導入すべき機器を含め、用意・準備すべきもの・コトを提示してほしい

こう伝えると、その担当営業は、

「まずは○○でやってみましょう。○百万円かかります」

「開発期間は1年は掛かってしまいます」

「機器はご用意して頂ければ、弊社はそこに載せるだけですので構いません」

・・・何言ってるの??

お客様は当然のコトながら、怒りを通り越し呆れたようです。。

「全然、条件満たしてないじゃない」(-_-メ)、

「て、言うか、俺の話し聞いてないだろ!!」


同じ言葉を使いながら、片方は全くその言葉を理解しようとしないのか、

それとも分かっていながら無視して、自前の言い分だけ通そうとするのか。。

察するに、このプロダクト営業は、リスクを極力ヘッジし責任回避に努めたんでしょうね。

余談ながら・・・確かに、ここの会社の営業マンにはよくこの手の話しを私も耳にしますし、

何度かイライラさせられた経験があります。

なんでしょうね・・・そう教育されているのかなぁ??

それは冗談にしても、未だにそういう営業がこの業界(IT業界)に多いのにはうんざりします。。


ま、それはさておき、、

ICTの入れ替えや構築は、しっかり”言葉の通じる”人を選ばないと絶対行けませんよ!

いやいや、「人ではなく、会社と契約しているから!」と言って、

結果、失敗してきた会社をいやというほど見てきました。

責任や補償は会社になりますが、ですが、かけた時間や労力は返ってきません。。

最後は会社ではなく、結局は”人”がやるのですから。。

アナタの会社のSIerやベンダーさんは言葉の通じる人ですか!?

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2013/10/08 15:38】 | 情報共有
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。