常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「FAQ作りたい!」
「社内の情報をナレッジ化したい!」

こういうご相談を頂く機会が増えておりますが、

一つ、ハッキリ言わせて頂きます。

ツールで全て解決する事などありません!!

それには、社内の風土や、ナレッジポリシー、ガイドラインなどなど、

戦略も人的基盤もしっかりできている組織なら、

ツール入れるだけで解決できることもあるかもしれませんが、

まぁ、こういう会社に出会う事は稀(苦笑

と言う事で、社内ナレッジ作りたい!とか、

社内FAQを効果的に使いたい!

こういうご相談を頂いてツールから先に入っても、

上手く行く保証はありませんし、私は保証しません。

”モノ”は使う人によって、結果・効果が大きく変わります。

なんでもそうだと思いますが、初心者や素人がプロモデルを使っても、

同じ効果を得られないのと同じ事です。

社内ナレッジを考えておられる方や、

ノウハウなどの共有や・社員教育でナレッジ化の蓄積を考えておられる方は、

是非、

1.会社(組織)に戦略はあるか?

2.人的基盤はあるか?


これを考えてみて下さい。

これがないのにツールだけ入れても、道具だけプロ!

このような状態にならないように注意して下さい。

次回以降、ナレッジ化の取り組みについて少しずつ書きたいと思います。

まず、使うのは”人”! 道具が人を使ってくれるわけではありません。

ツールはあくまでも作業を支援する仕組みを提供したり、

業務をサポートするのに利用されるべきものです。

あくまでも、それを忘れないで頂きたいと思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/01/21 17:01】 | 情報共有
トラックバック(0) |
最近、お客様と話していて気になる事があります。。

それがタイトルになっているのですが・・・、

『クラウド普及の弊害』

”クラウド”という言葉は意味は分からなくても、

その言葉自体を知らないと言うビジネスマンは少なくなりましたよね。

クラウドは、安価にスピーディーにビジネスを始められ、

ITにおいては、先行投資しないと進められないというビジネススタイルを大きく変えました。

また、サービスによっては無料でかなりの機能を使えるものもあり、

コンシューマばかりでなく、ビジネス用途においても、

一部の利用者は無料が普通になっている感さえあります。

例えば、
 GoogleApps
 Evernote
 などなど

ただ、この点で、個人的に最近少し気になっている事があります。

これはあるお客様との会話だったのですが、

そのお客様は企画部門の方で、今後、社内で使うアプリをクラウドに寄せていきたい、

と考えておられました。

話を伺うと、驚きの予算は「¥0」!!!

理由を伺うと、「いやぁ、今は無料である程度揃うじゃないですか!」

「なので、使うのにお金を出すのは勿体ないじゃないですか!!」

との返答。。

正直、絶句しました(苦笑

勿論、最近のSNS然り、先ほど挙げたサービスも然り、

無料でも相当に出来るサービスは多くあります。

ですが、それが”当たり前”になってきて、

ITの利用が”無料”であるという考え方が、

一部の人たちには定着しているなぁ、と最近実感しました。

これは、極端な話しではなく、

去年もこのような意見の方何人かと、ご相談・ご提案の場で遭遇しました。。

クラウドがITの価格を押し下げ、人々のITへの敷居を下げる効果を果たしているのは間違いないと思います。

コンシューマ向けから始めたようなサービスが、

気づけばビジネスシーンでも使われている!

こんな事は珍しくなく、これもクラウドの力だと思います。

ただ、一つ思うのは、

常に”無料”である。対価を払ってまでサービスを使わない!

という姿勢はどうなのかな!?と個人的に思います。

特にビジネスにおいてはスピードも重要です。

対価に見合う”価値”を見誤まららないようにして頂きたいと思います。


FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/01/09 15:26】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
皆様、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます!


今年も

『情報共有!』
『情シス!』

をキーワードに書き綴っていきたいと思いますのでお付き合い頂ければ幸いです。


さて、

新年初ブログは、やはり情報共有について触れておきたいと思います。

去年一年を振りかえると、各社様からのご相談や提案させて頂く機会が多々あり、

色々とお話を伺う中で、「え!そうなの!?」「ホントに!?」と、

感じた事がありました。

何かと言うと・・・

世間的に、大手企業であろうが先進的な企業であろうが、

実は”情報共有”って進んでない企業は思いのほか多いのね!というコト。。

勿論、情報共有と一口に言っても千差万別です。

よく「他所はどうされていますか?」なんて事を質問されることも多いのですが、

率直に言うと、これは使う側の”人”の問題が大きく影響しているので、

他所がある方法で上手くいったからと言って、

アナタの会社でも上手く行く保証はありませんよ!って事も大いにあります。

これって、大した診療・診断も受けないで薬処方されるのと同じようなものです。

ですので、ピタリと症状が当れば効きますが、

少し違えば効きません。

風邪だと思ってたのに、実は花粉症だった。。

これと同じコトです。

以前のブログでも”目的”と”手段”について書きましたが、

意外と情報共有できていない本質まで、辿り着けていないケースが多いように思えます。

去年お聞きした、出来ないケースのTOP3は恐らくこれ・・・

『組織が縦割りだから。部署が違うから』
『年寄り(ベテラン)が多いから』
『ツールがないから。あるけど不便だから』

でも、これって、実はただ単純に出来ていない結果であって、

これが原因(本質)ではないんですよね、実は。。

ホントに多いのが「ウチは組織が縦割りだからねぇ・・・なかなか資料や情報の共有は難しくて」

本当にそれが問題の本質で、本気で情報共有するつもりなら、

組織構造を改変するかどうかを考えなければいけませんね!となります。

勿論、そんな乱暴な事をいきなりは言いませんが、

「縦割りになっている最たる原因ってなんでしょうか?」
「逆に縦割りで情報共有できずに困っている事は全体として認識されているのでしょうか?」

なんて示唆質問して問題を”掘ってく”と、

お客様自身も本質に気づく事が多いようです。

例えば、先のケースで多いのが、

単純に情報を横断させる「仕組み」「仕掛け」「ルール」がない事が原因であり、

ツールを導入するかどうかはその後の問題である!

こんな事が多かったりします。

まず、一番多いと私が感じるのは”ルール”がない事でしょうか。

 ファイルサーバで共有しています。
 Notesで共有しています。

これらをお使いのユーザーで多いのが、”ルール”のなさです。

ルールがないから、皆自分の使いたいように使う。

結果、情報が増えすぎると、

 探せず ⇒ 不便 ⇒ 使えない ・・・

こうなります。

こういうケースの場合は、まず社内のルールを再度見直してみる事。

実はこれをするだけでも情報の整理は格段に進む会社は多いと思いますよ!

ただ、より便利に!より早く!するにはツールが役立ちます。

今年も、『情報共有』をライフワークとして、皆様に役立つ情報を提供してゆきたいと思います!

本年もよろしくお願い申し上げます!!

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/01/06 18:36】 | 情報共有
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。