常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて、今日はクラウドネタにしたいと思う。

さすがに最近はひところよりは少なくなったが、

未だに、

「クラウドって安全ですか!?」

と聞かれる事がある。。「え、まだ、それ聞くの??」と思いつつも、
※正直、情シスからそれ聞くとかなりガッカリします(苦笑)

恐らく、クラウドのビジネスに関わる営業をした事のある人は、

必ず聞かれた経験がおありだと思う(笑


人間、不思議なもので手が届くところは安全に見えるのか、

サーバが雲の上にいってしまうと非常に心配になるらしい。

「顧客データは外に置いといて何かあったら問題になる(汗」 みたいに。

自宅のタンス預金(今時いませんけど)と銀行に預けるのとどっちが安全でしょうか。

自宅のセキュリティは万全でしょうか?鍵はドア以外に金庫もある?

金庫は絶対に空けられない?

よっぽど銀行の方が安全です。

クラウドも・・・乱暴ないい方ですが、同じです。

アナタの自宅より、銀行の方が厳重にしっかり管理しています。

クラウドも一緒です。

バクアップは何重にもしてあって、事業者によっては多少差はありますが、

復旧もそう時間もかからない。

データ漏洩や消失なども、クラウド事業者が立てている対策や

事業者によっては検証機関の認証を取得していたりで、

恐らくアナタの会社より厳重です。

先日、あるお客さんが、某キャリアの営業に対して、

「御社のサービスで停止するリスクがどの程度あるのか提示してもらえますか?」

と聞いて、営業を大いに困らせていたのが印象的だった(苦笑

顔見てると、心の声が聞こえてきそうな顔してましたよ。

「だったらクラウドサービスは選ばなければいいのでは!?」

と。

以前の総務省のレポートでも、約28%の企業がなんらかのクラウドサービスを利用している状態である!と出ていました。

※クラウドサービスの利用動向はこちらをご参照下さい

もっと広がっていてもいいと個人的には思いますが、

まだ1/4程度なのは、

こういう事(リスク)がまだあるからでしょうか!?

中小企業ほどクラウド活用の幅は大きいと思うのですが、

クラウド = 安全でない(安心できない)

と思っている方が未だ多いのは、

先ほどの数字に表れているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/05/23 08:40】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
ITコンサルの・・・なんてタイトルながら、

我が家にはアウトドアシーズンの始まりなので、

これから時々アウトドアブログが掲載されます(笑

たまには、ゆるーいブログでよろしければご覧ください(苦笑


さてさて、

我が家は冬はキャンプはしないので、毎年GWぐらいからが始動になりますね。

2014年初キャンプは「成田ゆめ牧場オートキャンプ場」

お隣さんとの恒例行事になりつつあるかな。。

ここは2回目ですが、広々していて炊事場やトイレも清潔だしシャワーもある。

それと、朝はパンと牛乳、ヨーグルトを販売しているがこれがなかなか。

牛乳とヨーグルトは凄い濃厚!パンはデニッシュが非常に美味しい。。

ここに来ると朝食の用意はスープとコーヒー、フルーツだけで奥さんも楽できるそう。

確かに、ここの朝食はGood!!

遊びに関しては・・・ここは遊具などは特にありませんね。

その代わり、ここは隣が「ゆめ牧場」で(別料金ですが)遊べるので、

キャンプ前に遊ぶ!撤収後に遊んで帰る!なんて事ができるので、

子供も満足できると思います。

ちなみに、我が家はいつも撤収後に隣で遊んで帰っております。

それに、ここのいいところは混雑時以外は撤収時間は自由というのは非常にありがたい。

小さい子供がいて、10時撤収ってちょっと厳しいですよね!


恒例の我が家の勝手な★付け。。

成田ゆめ牧場オートキャンプ場

ファミリー向け ★★★★★
自然環境    ★★★☆☆
清潔感     ★★★★★
管理面     ★★★★★

と言う事で我が家の評価は、

トータル    ★★★★☆

また来年も大勢でお世話になろうと思います。

写真は、フリーサイトに張ってる様子です。

フリーサイトなので広々使ってます!

もう一つは夜の一コマ。
(ガスランタン×1 + フェスライト×2 + LEDライト×2 でこの明るさ)

ガスランタン、フェスライト×2、LEDライト×2

FC2blog テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

【2014/05/17 08:00】 | キャンプ
トラックバック(0) |
このブログタイトルでは最後になりますね。

前回はこちら

前回のブログでは、役員にある程度認めてもらって、労いの言葉ももらえました。

その際に、アドバイスしたポイントが以下の2つでした。

1.情シスがやっている事をもっと見える化して下さい!

2.担当上長をもっと巻き込んで、経営にアピールする材料を与えて下さい!

なぜ、この2つなのか?

勿論、理由があります。

少し解説したいと思います。

”1”は、やはり何やっているか非常に分かり辛いんですよね。部外者から見ると。

利益を生み出さない部署だから、例えば、特に営業上がりの役員だったりすると凄い目につく。

企画して計画練って、稟議上げるまで基本的に懐に抱えた状態。

いざ蓋あけると、唐突に「コストが下がるが、導入に1千万!!」みたいな企画書(苦笑

ですので、もっとガラス張りにして、もっと内外に情報を発信していきましょう!とアドバイスしました。

つまり、”密室”で進めているような状況は誰にも良く映らないと言う事ですね。


”2”は、端的に言うと、もっと上司を立てて下さい!と言う事でした。

相談があった企業の上司の方は、

ほとんど会議には出席してないようでした。確認するのは、相談時と稟議出す前。

つまり、計画を作り終わった段階で相談していたわけです。

手戻りあると時間が更にかかり、情シスはタイムコントロールできてないとなるし、

逆に上司に会議に参加してもらっても、どうせIT分からないし、訳のわからん事言うから、

参加させるのも時間の無駄だ!なんて言う情シスもいますが、

少なくとも、担当上長のハンコがなければ先に進めないのがルールなのですから、

であれば、企画段階から入っておいてもらう。

企画や計画の段階から入ってもらう事で、問題・課題も共有できるし、

それに、経営会議や事業会議などで関連議題の際に、

今のIT取組み状況を報告しておいてもらうだけでも、状況を認知してもらえます。

上司がITに疎くても、経営的視点では情シスよりも遥か上にいるわけですから、

その企画や計画が経営的にフィットしているのかの一つの判断が早い段階で下せます。

それに、IT会議で”ITに疎い上司”を納得させられないのなら、

上(経営)に持っていっても納得させる事はもっと困難です。

つまり、その場が一つの”テスト”の場と考える事もできると思います。

また、良い企画・計画であれば、経営会議・事業会議等で上司から提示させる事で、

上司の顔を立て、手柄を立て易くさせる事もできます。

これは部下の大事な仕事の一つでもありますよ!とアドバイス。

こうして良いサイクルが回り始めます。

ちなみに・・・、

その後、その上司からは、

「ITの事は精通してないが、やはり最初から絡んでおいた方がいい。
経営が求めている事をフィードバックもできるし、
企画当初から想定しているのとしないのでは全然違うから」と、

言って頂けたそうです。


結果、IT企画や計画の進行状況などを定期的に”ホウレンソウ”するようになり、

暫くしてから上記のようなメールがあったそうです。


あまり上手くいってないなぁ、と感じられている情シスの方がいましたら、

是非、先程の2つ実践してみてください。

自分が変わる事で周りの見る目も評価も変わってきますよ!

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/05/15 08:40】 | 情シス
トラックバック(0) |
可哀想な情シス担当の続きになります。今回で3回目。

前回はこちら

前回のブログで「金稼ぎたいなら・・・」で、

それが企業や経営者のスタンスとして、

ITをカネがかかるだけとか!?
経営にITを活用する気が全くない方!?

その下で情シスとしてやっているなら、それなりの”覚悟”が必要です。私なら無理と書きましたが、

今日の本題は、「金稼ぎたいなら・・・」とは言われたものの、

それが本位ではなく、ハッパかけるためとか!気づかせるため!

つまり、良い方ですね!であれば、話は違ってきます。

実は、先日、このブログ書くきっかけになった方から御礼メールがありました。

内容抜粋すると下記のようなメールでした。

---------------------------------
先日はありがとうございました、○○です。
頂いた資料、そのまま使わせて頂きました。
いつもありがとうございます!

先日のXXXXの件ですが、
庄山さんの仰る事はその通りなのですが、役員が使いづらいのでそのままに
する事にしようと思います。
○○さんも、確かにそれで月額幾ら削減できるかは分かるが、
慣れないものを使ってまで削減するよりは、そこはウチにそぐわないのでやめようと。
それに、「お前がここまでITコストの削減に貢献しているのは理解している。」
「目先のコスト削減にとらわれるな。目標通りにきているのは分かっているから!」
・・・

---------------------------------

こんな、嬉しい返事があったそうです。

前回は「金かせぎたいなら・・・」と言われていた役員の方の発言とは思えないコメント(苦笑)

これには私も「良かったですねぇ。貢献しているのも理解してもらっているし、公認されましたね!」

元々、IT投資には積極的ではない企業ながら、必要な部分にはある程度割り切って投資している文化があったので、

私も、先の役員の方の発言は、本位ではないだろうなと思っておりましたが・・・。

でも、実際にそういう言葉を掛けられると、ホッとしますし、安心感もあります。。

実はこの方には、先の役員からの発言「金かせぎたいなら・・・」の前にアドバイスをさせて頂きました。

アドバイスしたポイントはたった2つ。

1.情シスがやっている事をもっと見える化して下さい!

2.担当上長をもっと巻き込んで、経営にアピールする材料を与えて下さい!

この二つです。

なぜ、この2つのポイントなのか?

次回、この点を解説したいと思います。

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2014/05/14 08:40】 | 情シス
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。