常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり久々の投稿になってしまいました。
1ヶ月以上空いたのは初めてじゃないかな・・・。

色々と忙しくて・・・と言い訳はこの辺で(苦笑

今日は、一つ”情報共有”の裏話的な事を書こうと思います。
※実名は公表できないのであしからず

一時期、「○○株式会社。iPadを○○台導入し、情報共有を促進・・・」なんて、
キャッチーな言葉が躍っていたのを皆さんも見たことがあると思います。

どことは言いませんが(苦笑

そんな情報に触れると、
「あそこは、相当進んでるだろうねぇ・・・」とか、
「あの会社だから確かに納得だわ・・・」なんて思ったものです。
なにせ、業界人と少なからずお付合いもある身ですから、
聞かなくても、あの会社はどこがどんなサービス導入したか、失敗したとか、
そんな情報が入ってきます。

それが、ちょっと耳(目)を疑ったのは、
皆さんもご存知の某企業(業界書きたいが書けない(苦笑))、
上で触れた、キャッチーな言葉で情報共有を促進していた企業が、
今年に入って弊社にお問い合わせしてきた。
私は担当ではなかったのだが、営業定例会議の中で、
その企業からのお問い合わせ内容が共有されたのだが、それを聞いてビックリ!!

あの2,3年前のキャッチーな見出しはなんだったんだと(笑
「情報共有促進してたのとちゃうんかい!!」と突っ込みたくなるぐらい(苦笑

ご相談を聞くと、そんなに属人的なの!?と聞き返したくなるご相談内容(苦笑
勿論、顧客管理や販売管理・生産管理など基幹系システムは大手SIerが入って、
しっかり構築されているのは知っているし、
実際に運用されている事も存じ上げているが、
事、ナレッジ系の共有については、とんと進んでないどころか、
よくご相談を受ける中小企業と大差ないなと感じることしきり。

ちなみに、これ、1社だけじゃないんですよね。。
1,000人、2,000人規模の会社でも結構ごろごろこういう話が転がっている。

大手は大概、顧客や案件の紐づけや共有はできているが、
どこも個人が持っているいわゆる”ナレッジ”というのは、それだけ共有が難しく、
平準化出来難いものなんだなと改めて実感しています。

ま、どこもそうなんですが、
裏話を聞く(知る)とガッカリな事は多いですね(苦笑
それがビジネスチャンスでもあるわけなんですが・・・。

しかし、ホントにこれは難しいなと感じます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2015/06/25 15:12】 | 情報共有
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。