常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段の投稿内容とはちょっと毛色が違うんですが・・・

今後、他のお客様でも起きる可能性があるため共有の意味で投稿しておきます。

先日、とあるお客様で、
「Office製品の認証エラーが起きて、再起動すると認証が通るんですけど」なんて、
意味が分からないご相談がありました(苦笑)
私も、まさか・・・
なんて思って聞いておりましたが、そのお客様先には弊社スタッフが、
保守サポートで常駐しておりましたので、確認してみるとホントにそんな状態だと。
当然、ライセンスも正規購入し、認証も通っている。
認証の方法も手順も間違いない。メーカーにも確認済み。
再起動したPCのOfficeのアカウント見ても、”ライセンス認証された製品”と、
ドーーンと表示されてる!

で、詳細は省きますが・・・

ありとあらゆる手段で原因究明していって、
最終的には、やはりウイルスソフトが大きな要因に違いない!というトコまで特定しました。
※まぁ、ここまでの調査ややりとりを公開したいぐらいだが、ここでは控えよう・・・
 私が調査したわけでもないので(苦笑)。弊社のスタッフがブログでも書くかもしれませんな。。

最終的には、Officeだけでなく、Windowsの認証もエラーになるような事もおきたらしく、
もし、以下の条件に該当する方や企業がありましたらご注意下さい。

TrendMicro SP1 + クリティカルバッチ

これが当たっているPCは、
上記の認証エラーが起きる可能性があります。
(タチが悪いのが、必ず出るわけではないところです。)

すでに、トレンドマイクロからは海外でそういう事例があったとの報告が今日あったとの事です。
(遅いよ。散々問い合わせて情報流してたのに・・・)

日本ではまだ事例自体が少ないとの事で、
確かに私もそんなケース初めて聞きました。

よく、製作アプリがウイルスソフトが原因で動かない!なんて事が昔よくありましたが、
OSの認証がそもそも通らなくなるなんて初めて聞きました。

もし、Windows7 + TrendMicro SP1 + クリティカルバッチ
が適用されている環境であれば、そういうエラーが起きるかもしれない!?とご注意下さい。

一応、再起動すれば認証は通りますのでそのまま利用できることは弊社スタッフが確認しております。
根本的な解決はトレンドマイクロ社からの修正パッチ待ちのようです。

P.S トレンドマイクロからは年内解決予定と返答があったそうです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2015/10/27 13:22】 | 情シス
トラックバック(0) |
前回の投稿から、かなり時間が経ってしまった。。
別に、契約頂いたのでサボってたわけではありません。
その間も諸々ご相談やトラブルの対応やらで・・・
まぁ、ていのいい言い訳ですが(苦笑)

さて、
前回、最終提案して正式にコンサル契約を結んで頂いたところまで書いたと思いますが、
今回は、その後の経過を綴ろうと思います。

まずは、提案通り、
1.インフラ中心の整備
2.販売管理システムの構築

これを、保守・運用担当と私で2手に分かれて準備を開始します。
ですが、元々計画していた通りにはなかなか進まず(苦笑)・・・
なぜか!?
実はこの会社さん、今までIT系での問題があっても、
解決する手段や方法が決まっていなかったため、
時間とともに風化されていく感じで(苦笑)・・・つまり、しっかり解決できてない事が多かったようです。

実際、こんな事が契約早々にありました。

このお客様は、とあるビルの4フロア利用されているのですが、
ネットワークは全て有線でした。
ノートPCを使っている人は、できれば移動してそのまま使いたいと仰ってたので、
早々に会議室と営業が主に使っているフロアを無線化。
PCの購入には、営業はSurfaceで統一して購入。
早速、「便利!!」との声が。

しかし、2週間後の定例で、
「庄山さん。なんか無線がブツブツ切れるんですよね!?」と、
「無線ってこんなもんなんでしょうか!?」と言われます。
「え。。そんなに切れるんですか?」とお聞きしますと。
「気づくと接続が切れている事があるんですよね。」と言われる。
話しを聞いて、そのフロアでスポットの位置とその対象デバイスの位置関係見ても、
干渉するものもないし、ましてやスポットの位置から3mも離れていない。
「無線だけ切れるんですか?有線の方は切れないんですか?」とお聞きすると、
「あーー、有線の方も切れます。」と、
「それって、いつからですか?もしかすると、以前から有線で切断されたりすることないですか?」とお聞きすると、
「下で営業に聞いてみます」と言われたので、待つ事5分・・・
「以前から切れる事あったようです。」
「え・・・(苦笑)それ、今回の無線だけの問題じゃないですね」と、

元々抱えていたんだけど、全く使えないわけでもないから、
課題になっていなかったような事が、こうしてポロポロとでてくるようになりました。

という事で、当初予定とはズレてはいるものの、
潜在的な問題が、我々が入るようになって、特にIT環境周りでの、
不都合、不具合が顕在化してくるようになりました。
ですので、計画通りではないものの、お客様にとってはある意味これも一つ前進と捉えるべきでしょう。
(勿論、その分、計画の微調整はお客様としております)

中小企業ではよくある事なのですが、
コンサルティングで実際に現場に入ると、
直接のご相談やご依頼内容とは違う話しや案件に発展する事が多々あります。

例えると、
外科手術で開腹してみたはいいが、想定していたものとは別の病巣があった、
とでも言った方がいいかもしれませんね。
(病巣と言うといい過ぎですね(苦笑))

ともあれ、運用・保守側では主に、
グループウェアを導入して、人・モノの共有で作業効率化を図ることと、
(すでに実施中)
BCP(事業継続)を考慮に入れた、ファイルサーバーの効果的な利用と運用方法の変更、
これを年内の課題として実施していくことになります。

次回は、この続きでファイルサーバについて書こうと思います。

本日もお付合いくださり、ありがとうございます。

※本当は販売管理システムのお話しをしたいところなのですが、
 この数ヶ月のヒアリングと意見交換の打合せは非常に地味なので(苦笑)、
 いずれまとめて、書こうと思います。

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2015/10/01 07:29】 | コンサルティング
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。