常に現場で活動しているITコサンルタントのブログ。ITを効果的に活用できていない中小企業の経営者や情シス担当の方へ分かりやすくお伝えします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の内容は、弊社の別のスタッフブログの方がいいかと思いましたが、

サポータズブログ はこちらからどうぞ。

先日のとある打合せでIEの旧バージョンの扱いについて、
話題に上ったので少しふれておこうと思います。

すでに先日・・・と言っても、相当前ですが、
マイクロソフト社から、IE8(9,10も対象ですが)の終了アナウンスが出ていますね。
実は、すでに2016/1/12をもってサポート終了です(苦笑)

ちなみに・・・正式な案内はこちらのリンクからどうぞ。
※マイクロソフトのサイトに直接飛びます
Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ

よく聞かれるのが、「上げないと、どうなるか!?」

やはり一言でいうと、
「危険になりますよ!」って事。
脆弱で、ウイルスに感染するリスクが高く、
結果、悪意の第三者に利用される危険性も高くなる。

インフルエンザ所持者がうろついているのに、
マスクも手洗いもしないで過ごしているとでも言えばよいでしょうか。
うつらないかもしれないけど、うつるリスクはしてない人よりは当然高い。

ある米国の調査によると、Webリクエストの20%がIE8,9,10の古い環境・・・
つまり、インターネット利用者の5人に1人は古い状態のまま利用している事になります。
日本は他の国と比較てしても、IE利用者は比較的多いので、
実際はもう少しこの比率も高いと思われます。

情シスの方だと、
IEのバージョンアップは社内で利用しているWebアプリケーションのサポートの問題などで、
面倒な要素を含んでいるかもしれませんが、
昨今、脆弱性を放置している事は危険ですし、
それを放置した結果、2次的被害を被ることも考えられますので、
まだであれば早め対応検討しておいた方が良いでしょう。

今回はリスクの共有まで。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ITコンサルタント - ジャンル:ビジネス

【2016/01/28 11:16】 | 情シス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。